Windows版AfterEffectsにプラグインを追加する方法

Windows版AfterEffectにプラグインを追加する方法

今回は、Windows版AfterEffectsにプラグインを追加する方法を紹介します。

とても簡単なのでぜひいろんなプラグインを追加してみてください。

実際にSABERというプラグインを追加するところまで紹介します。

プラグインを追加する場所

AfterEffectにプラグインを追加したい場合、プラグインを追加する場所を指定しなければなりません。

Windows版の方はほとんどの方が
C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects 2020\Support Files\Plug-ins
にあるのでこのパスを辿りましょう!!

プラグインはPlug-insファイルの中に入れるとプラグインを使用することが出来ます。

実際にプラグインを追加してみよう

ためしにプラグインを追加してみようかと思います。

今回追加するプラグインはSABERというプラグインで簡単にスターウォーズのライトセーバーのようなエフェクトを作ることが出来ます。

saberサイト

SABERダウンロード先はこちら
NEW Plug-In: SABER Now Available 100% Free!

ダウンロードページに飛んでスクロールするとダウンロードボタンがあるのでWindows版をダウンロードしましょう。

ダウンロード

ダウンロードが完了したらSaberInstaller_1.0.39_Win_2018.zipファイルを解凍しSaberInstaller_1.0.39_Win_2018.exeをダブルクリックで開きます。

下記画像の画面が出てくるのでNEXTで次に進みます。

ネクスト

追加先を選ぶのでCustomを選び追加先を指定します。
C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects 2020\Support Files\Plug-ins

追加先を指定

この場所を指定して[NEXT]を押すとプラグインが追加されます。

実際に追加されたか確認するには、Plug-insファイルを開きVideoCopilotファイルが追加されていることを確認しその中にSaberがあれば追加されていることになります。

AfterEffectを起動しエフェクト内に[VideoCopilot→Saber]が追加されていれば実際に使うことが出来ます。

エフェクト

AfterEffectsを起動している最中にプラグインを追加した場合AfterEffectsを再起動しなければなりません。

まとめ

簡単にプラグインを追加することが出来るのでフリーで配られているプラグインを調べていろいろ入れてみると良いかもしれません!