Jupyter Notebookを使ってPythonを書き始める理由

Pythonを学ぶ

前回Anaconda-アナコンダ-をインストールしJupyter Notebookが起動できるところまで確認できました。
なぜJupyter Notebookを使うのかを自分なりに調べたことを残していこうと思います。

Jupyter Notebookはデータ分析でよく使われるツール

Jupyter Notebookは、実行結果などをまとめて管理できたりデータ分析をするのによく使われているツールです。

商用関係なく使うことができファイルの共有なども簡単に出来ることから多くの人が利用しています。

Pythonでデータ分析をするのであれば最適のツールと言えます。

インストール方法は前回の記事で書いてます。
Pythonの環境構築はAnaconda-アナコンダ-で進めていく

操作方法

AnacondaからJupyter Notebookを起動してメニューの[NEW]から[Python3]を選択することでノートブックを作成することができます。

作成されたノートブックのセルにPythonコードを書くと実行できます。
Pythonの実行は[Shift+Enter]で実行が可能です。

作成されたノートブックは初期の名前が[Untitled]というファイル名なので[Untitled]というところをクリックするとファイル名を変更することができます。

ノートブックで作成されたファイルの拡張子は[.ipynb]という拡張子でこのファイルはJupyter Notebookを使っている人でなければ実行できないです。

他の環境の人にデータを共有する場合は、メニューの[File→Download as]からダウンロードした拡張子を選択すると相手の環境に合わせてデータを共有することができます。

まとめ

基本的な操作方法は、ファイルを作成し実行結果が出力できればある程度使うことができるがこれから実際に使っていく中で便利な機能などがあればその都度メモを取っていこうと思います。